2013/11/28

北海しぐれという小魚の佃煮語り

昨日の深夜、使わなくなったフリメの下書きになんかあるのを見っけて、何かなと思ったら富士正食品株式会社への「北海しぐれ再販嘆願書」を途中まで書いてやめたやつでした。
北海しぐれとは学校給食に出ていた小魚の佃煮のことで、透明パックにちょろっと入ってて味は甘辛くておいしいんですがご飯の量に対して明らかに少ないのです。ごはん半膳分くらいの小魚を騙し騙し一膳分に均して食べていました。いつももう1袋欲しいなと思いつつも、偏食でいつも色々残してばっかりいた私には何となく空気的におかわり争奪戦に加わる権利がなかったのです。
というか北海しぐれが出る日は他にご飯のおかずになるものがあったはずですが偏食ゆえに食べれなかったんだと思います。

で、これ数年前はフジショウのサイトで通販してて、1度は買いました。30パックとかのまとめ売りだったので一クラス分の北海しぐれが私1人のものになってまさにヘブン状態でした。ごはん一膳に2パックどころか3パックさえ…!と贅沢三昧大盤振舞いでした。しかし送料が高くて(たしか700円)「もっと欲しいなーでも送料がなー」とまごまごしてるうちにいつの間にか取扱わなくなってしまったんです。北海しぐれって名前からして北海道のローカルな食べ物かと思い込んでましたが千葉県の会社の製品なんですね。送料かかるはずだ。あと給食といえばふりかけの瀬戸風味も好きでした。これは今でも買える。
なくなったら俄然送料への躊躇いも消えて何が何でも欲しくなってしまいサイトに数ヶ月間通いつめましたが、商品欄に北海しぐれが復活することは二度とありませんでした。それでも諦めきれず「通販復活してもらえないかメールで投書しよう!」と思い立ったんですがその当時会社にメールすることなんてなかったので形式がわからず、拝啓…?貴社?益々ご盛栄…?と目的と別のところで悩みすぎて投書自体やめてしまい、下書きBOXで眠りに眠り続け昨晩の発見に至った次第です。

下書き発見後、久方ぶりにフジショウのサイトを見てみて、他においしそうな佃煮はあるもののやっぱり北海しぐれはないままなのが確認できました。グーグル検索にも昔はもうちょっとヒットしたんですが、今や数件しかヒットしない。(ある人の去年の記事に給食に北海しぐれが出てる旨があって非常に気になるんですが…!!)同題の演歌があって、昔は佃煮が演歌を凌駕してましたが今や演歌一色。悲しい。虚しい。歌手の人ごめんなさい。
私の中からあんなに好きだった北海しぐれがいずれ風化して消えてしまうのが悲しくて、せめて絵を描いてみました。

肝心の魚が適当すぎますがね!


s-北海しぐれ3

今じゃ偏食も減ったので当時嫌いだったメニュー(野菜ソテーとかエビチリとか混ぜご飯とか)をがっつり食べてみたいです。食べれない献立は友達にあげまくってたので、ある時好きなものまで取られそうになって烈火のごとく怒ってしまい、偏食のくせに食への執着は半端ないみたいな不本意な印象を抱かれたのがやるせない思い出です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。